よくあるご質問

設定・動作・その他のご質問

トラブルシューティング

設定・動作・その他のご質問

岡三RSS設定項目の「1回の発注金額」はいくらに設定すればいいですか?

この項目は個別株式が対象なので、金額はいくらでも構いません。 初回起動時のみ設定が必要になります。

ポジション保有中に最新版のファイルへ入替しても大丈夫ですか?

建玉の情報は岡三RSS接続時に入力したID・パスワードに紐づけられていて、別のファイルに差し替えても建玉は反映されるので大丈夫です。 ただし、安全のためには建玉のない時や取引時間外での差し替えをお勧めします。

取引時間にパソコンをスリープ状態にしても大丈夫ですか?

いいえ、パソコンをスリープ状態にすると岡三RSSが切断されてしまうため、取引中はスリープにならないようパソコンの設定をしてください。 スリープの解除方法はコチラをご確認ください。 なお、ディスプレイの電源は落としても構いません。

パソコンはつけっぱなしではいけませんか?

はい、1日1回の再起動をお勧めしています。 パソコンを稼働し続けると内部で処理命令などが溜まり続け、処理速度が遅くなったりグラフが描画できないなどのトラブルの原因になります。 1度電源を切ることで不要な処理命令は削除できますので、再起動をお願いします。

岡三RSSの接続の確認方法を教えてください

パソコンの右下にある上向きの矢印をクリックして、岡三RSSのマークが緑色なら接続されています。

またはエクセル上部のアドインタブを開いて、鎖のマークに×がついていなければ接続されています。

岡三RSSの利用期限はどこから確認できますか?

利用期限の確認は岡三オンライン証券にログインして行ってください。

岡三オンライン証券の「日本株・投資信託」にログイン

上部の「投資情報」をクリック

左列の「トレーディングツール」をクリック

上から7番目辺りの「岡三RSS」の欄に表示されています

岡三RSSは初回の申込から90日間は無料で利用できます。 無料期間を過ぎた場合は35日間/5,000円で利用を継続することができますが、一定額以上の取引手数料の支払いをしていると無料期間が延長されます。
その月の21日~翌月20日までで取引手数料の支払が2,160円を超えると翌月25日の時点で更に35日間の無料期間が追加されますが、詳しい算出方法は岡三オンライン証券のサイトでご確認ください。
利用期限を過ぎるとログイン画面に下記黄枠のメッセージが表示されてログインができなくなります。
その場合はメッセージの部分をクリックして申込手続を行ってください。

Kingsoft製表計算ソフトでも動作可能ですか?

いいえ、MIcroSoftOffice2010以降のExcelが必要です。 Kingsoftの表計算ソフトやその他互換性のあるソフトでも動作しません。

お勧めのVPS業者を教えてください

お勧めのVPS業者をお答えするのは、大変難しいです。
有名な業者でメモリ2M以上のプランでしたら大丈夫だと思いますが、利用料金が高額になります。
利用料金が安くて安定しているという業者を探すのは難しい印象です。

自動発注システムでの取引と他の取引を同時にしても大丈夫ですか?

システム取引で建玉を持っている最中に、同じ岡三オンライン証券で他の取引を行っても構いません。
岡三RSSでは発注にメモ情報を添付することが可能で、システムでは新規発注時に毎回異なるメモを添付するように設定されています。
そのメモを基に返済する建玉を探して指定するしくみになっているので、複数の建玉があっても間違って別の建玉を返済してしまうことはありません。 ただし、手動取引などで返済を行う際は、間違ってシステム取引での建玉を返済してしまわないよう注意が必要です。
建玉を持っている時に岡三オンライン証券の決済取引画面を見ると下のように初期設定では古い建玉から返済する設定になっています。

下のように「建玉を任意に選択」を選ぶと建玉が表示されるので 手動返済する際は間違ってシステム取引での建玉を返済してしまわないように 必ず該当の建玉を指定して返済してください。

発注時間はどの時計を基準にしていますか?

発注などの動作はパソコン本体の時間で発注しています。
パソコンの内臓時計が狂わないように定期的に確認をお願いします。
内蔵時計を確認する方法はコチラ

サマリーに表示されているものより前の成績はどこから確認できますか?

ご自身の成績は岡三オンライン証券の約定履歴照会から確認することができます。

  岡三オンライン証券 先物・オプションにログイン

上部バーの「取引」を選択

表示された一覧の中から「約定履歴照会」を選択

「期間指定」で「前々取引日以前」にチェックを入れて期間を指定してから「適用」をクリック

以上の手順で約定結果が表示されます。

新規発注の際に必要な証拠金の額を知りたいのですが

新規発注やポジション維持のために必要な証拠金の額は岡三オンライン証券のホームページから確認することができます。
先物・オプション口座にログインして「取引ツール」の「SPANシミュレーション」で銘柄と枚数を入力して計算することができます。
ツールの詳しい使い方は岡三オンライン証券のサイトをご覧ください。

建玉の強制決済はできますか?

手動注文以外の売買ルールでは手動返済のボタンがないため、任意のタイミングで返済することはできません。 どうしても返済したい場合は証券会社の注文画面や取引ツールなどでの返済をお願いします。

複数の自動売買のファイルを同じパソコンで同時に稼働できますか?

複数の自動売買ファイルを同じパソコンで同時に稼働することはできません。
同時に稼働したい場合は別のパソコンをご用意いただき、同じパソコンで使用する場合は同時に2つ以上のファイルを開かないようご注意ください。
(同じパソコンに保存してあっても「今日はArbiMasterD3、あしたはイキナリAUTO」というような使い分けは可能です)

トラブルシューティング

岡三RSSに接続できなくなりました

主な原因が2つ考えられます。

ケース1.左下に申込み案内のメッセージが出ていませんか?
このメッセージが出ている場合は利用期限を過ぎてしまっています。
岡三RSSは初回の申込から90日間は無料で利用でき、一定額以上の取引手数料の支払いをしていると無料期間が延長されますが、その条件に満たないと35日間/5,000円の利用料が必要になります。 詳しい算出方法は岡三オンライン証券のサイトでご確認ください。 期限を過ぎてしまった場合は左下のメッセージをクリックして改めて申込み手続を行ってください。 なお、知らないうちに期限が切れてしまわないよう、定期的に利用期限の確認をしてください。 参考:岡三RSSの利用期限はどこから確認できますか?
ケース2.岡三RSS更新のお知らせが届いていませんか?
岡三RSSでは不定期にメンテナンスが行われ、手動による更新が必要な場合があります。
その場合は「windowsの起動と同時に岡三RSSを起動」に設定してあっても手動による更新が必要になります。
手順は岡三RSSのアイコンから通常通り起動すれば、更新案内が表示されますのでその指示に従って進めてください。

セルに #NAME? と表示され正しいデータが表示されません

■まず岡三RSSに接続されているかご確認ください。
確認方法は 岡三RSSの接続確認方法を教えてくださいをご覧ください。

■岡三RSSに接続されているにも関わらず正しいデータが表示できない場合は
データを取り込むための関数の設定が誤っている可能性がありますので
一旦動作を停止し、MainPanelシートにある岡三RSS関数再設定ボタンを押し、再度開始してみてください。

■上記の岡三RSS関数再設定ボタンを押しても解消できない場合は下記の設定についてご確認ください。

エクセル左上の「ファイル」またはofficeの丸いボタンをクリック

左列の「オプション」をクリック

左列の「アドイン」をクリック

ウインドウ下の「設定」をクリック

アドイン一覧の中の「岡三RSS」にチェックが入っているか確認

チェックが外れている場合はチェックを入れてOKを押してください。
その後、setupシートの「岡三RSS関数再設定」ボタンを押し、動作を開始してください。

■上記の方法でアドイン一覧の中に「岡三RSS」がない場合はExcelアドインができていません。
Excelにアドインを追加するの手順を行ってください。
■すべて確認しても改善できない場合は、ファイルを新しくダウンロードし直していただくのも有効な場合があります。

グラフが描画されません

グラフの描画が停止している場合は、まずシステムを一旦閉じて再度開いてみてください。
改善できない場合はパソコンも再起動してみてください。
または、ファイルを一旦削除して入れ替えてみるなど設定を一から設定をやり直してみるのも有効な場合があります。

それでも改善できない場合はパソコンの動作が重くなっているせいかもしれません。
MainPanelシートの「動作間隔」の設定を長めに設定するとパソコンへの負担が軽くなり描画できる場合があります。
また、パソコン本体についても不要なソフトなどが動作を重くしていないかご確認ください。
詳しくは自動発注の為のパソコンの設定をご覧ください。

Excel2016でアドインが表示されなくなってしまいました

Excel2016でエクセル上部のアドインが表示されなくなってしまった場合は、下記の手順で岡三RSSをアンインストールした後、再度インストールしてもう一度設定し直してみてください。

「コントロールパネル」

「プログラムのアンインストール」

「岡三RSS」と「岡三RSSエクセルアドイン」をアンインストール

岡三RSS申込とExcelの初期設定の手順に従って再設定

発注できません

発注されるはずの場面で発注ができない場合は以下についてご確認ください。

■アドインが「発注不可」になっていませんか?
発注設定の確認方法はコチラをご覧ください。
 
■岡三RSSに接続されていますか?
岡三RSSの接続状態の確認方法はコチラをご覧ください。

■取引パスワードが間違っていませんか?
シートに入力するのは「先物・オプション取引パスワード」です。 パスワードが正しいかどうかはテスト注文で確認することができます。
パスワードが間違っている場合はパスワードが異なる旨のエラーが表示されます。

■売買ルールの設定が「使用しない」になっていたり、サヤトリの各ポジションの自動発注設定が「しない」になっていませんか?
各売買ルールシートの右上の「使用する」「使用しない」の設定の他、サヤトリではポジション毎に自動発注を行うかどうかの設定箇所がありますのでご確認ください。

■Arbi_D4ではサイン判定が表示され、さらに新規ポジションの条件を満たさなければ発注しません。
詳しくはコチラをご覧ください。

■資金の取引余力は十分ですか?
発注動作が起こっても取引余力が不足していると約定できません。
岡三オンライン証券のホームページ等で定期的にご自身の資産状況を確認してください。
また、発注に必要な金額を調べる方法はコチラをご覧ください。

岡三RSSのメッセージで「発注不可」と表示が出ます

アドインが発注不可になっているのが原因です。
アドインが発注可になっているか確認してください。

アドインの確認をするには、エクセルの下記の部分を確認してください。

アドインの設定を保存する方法は起動すると毎回アドインが発注不可になっていますをご覧ください。
アドインに問題がない場合は、取引パスワードが間違っている可能性があります。
その場合は、テスト注文を行ってみてください。

起動すると毎回アドインが発注不可になっています

岡三RSSの設定で発注の可・不可を維持することができます。
設定の手順は
岡三RSSが起動されている状態で、 PC右下の緑色の岡三RSSのマークをマウスで右クリック

一番上の「設定」をクリック
下の図の
「エクセルの注文可・不可状態を維持する」
にチェックを入れて「OK」を押せば完了です。

「STARTボタンを押すのは1度だけです」というメッセージが出ます

Mainpanelシート左下の「UWSC起動モード」がONになっていませんか?
このモードはすべての動作を自動で行いたい時に使うモードで、ONにすると自動で開始ボタンが押されます。
手動で開始を押す場合は二重の開始となってしまいますので、手動で開始ボタンを押す場合は、この設定をOFFにしてください。

ファイルを開くと「セキュリティの警告」が表示されます

Excelでマクロの設定などが無効になっているとエラーが表示される場合があります。
その場合は下記のとおり設定を変更してください。

Excel画面上部のセキュリティの警告の横の「オプション…」をクリックします。
「このコンテンツを有効にする」にチェックを入れて「OK」をクリックします。
Excel画面左上のwindowsのマーク(バージョンによっては「ファイル」)をクリックし、一番下のExcelのオプションをクリックします。
左列の「セキュリティセンター」をクリックし、右側の「セキュリティセンターの設定」をクリックします。
左列の「マクロの設定」をクリックし、右側の「すべてのマクロを有効にする」にチェックを入れます。
左列の「外部コンテンツ」をクリックし、右側の2つの項目のそれぞれ一番上にチェックを入れて「OK」をクリックします。
最後に「OK」をクリックしてオプションを閉じます。 「システム終了」ボタンを押してシステムを保存終了してください。 これで次回からは警告が表示されません。

ファイルを開くとExcelの計算方法の設定が自動から手動に変わってしまいます

岡三RSSでは0.5秒毎にデータを取り込むのでExcelの計算を自動の設定にすると0.5秒毎にシートの再計算が行われ、パソコンに負担がかかりフリーズなどトラブルの原因となります。 そのため、自動売買システムではファイルを開くと自動計算から手動計算に変わるよう設定してあり、ファイルを稼働している間はsetupシートで設定した更新間隔の通りにデータの取込みと再計算を行います。
またファイルを閉じる際に手動計算から自動計算に戻す設定になっていますので、ご自身で変更する必要はありません。

ファイルを開くと左側に「ドキュメントの回復」と表示されます

ファイルを閉じる際に「終了」のボタンを使用しなかった場合は保存ができないため、次にファイルを開いた時に前回の内容を回復するためのメッセージが表示されます。
前回の内容が必要ない場合は「閉じる」をクリックします。

次に表示されるメッセージではファイルを削除する方にチェックを入れて「OK」をクリックしてください。

取引シートの表示が消えてしまったのですが

取引シートの表示が消えたように見える場合は表示がない部分まで画面をスクロールしてしまっていることがあります。
エクセルの画面の右側と下側にあるスクロールバーの位置を確認し、一番上と一番左までボタンを移動させるとグラフなどが表示されます。

システムの調子が悪い時は

システムの稼働中にグラフの描画が止まる、急にエラー表示が出るなどのトラブルがあった時は、下記の手順で回復作業をお試しください。
(システムトラブルの際に遠隔操作で確認させていただく場合の基本的な手順です)
(岡三RSSの接続には問題がなく、ファイルの動作に問題がある場合の手順です)

1.パソコンをしばらく再起動していない場合は一旦パソコン本体の電源を切って再起動してからシステムを稼働させる
(パソコンを稼働させたままにしておくと動作が鈍くなるなどの支障があります)
2.システムが動いている場合はStopボタンを押して一旦動作を停止させ、setupシートの「岡三RSS関数再設定」ボタンを押してからもう一度開始してみる
3.終了ボタンでファイルを一旦閉じ、再度開いて開始してみる
4.現在のファイルを破棄し、新しいファイルをダウンロードして設定し直す
5.データ取り込みがうまくいかない場合は下記の岡三RSS再設定もお試しください
エクセル左上の「ファイル」またはofficeの丸いボタンをクリック

左列の「オプション」をクリック

左列の「アドイン」をクリック

ウインドウ下の「設定」をクリック

アドイン一覧の中の「岡三RSS」にチェックが入っているか確認

チェックが外れている場合はチェックを入れてOKを押してください。
その後、setupシートの「岡三RSS関数再設定」ボタンを押し、動作を開始してください。
チェックが入っていたにも関わらずデータ取り込みが正常にできない場合は下記の手順で岡三RSSのエクセルアドインを一旦アンインストールして設定をやり直します。
先ほどのアドイン一覧の中の「岡三RSS」のチェックをはずしてOKを押す

Excelを閉じ、岡三RSSを切断する

デスクトップ画面左下の検索バーに「コントロールパネル」と入力し、検索結果として表示されたコントロールパネルをクリックする


コントロールパネルが開いたら「プログラムのアンインストール」をクリックする


一覧の中から「岡三RSSエクセルアドイン」を右クリックし、表示の中からアンインストールをクリック、「アンインストールしますか?」のメッセージが出たら「はい」を選択してアンインストールする


岡三RSSを起動する

「インストールを開始します」というようなメッセージが出るので、「次へ」などを押して手順を進める

エクセルアドインの追加の手順を再度行う

上記で岡三RSSの再設定完了です。
再度システムのデータ取り込み設定をして開始してみてください。

サヤトリの決済可能損益が表示されません

■市場が休止の時間帯は決済可能損益の表示が0になります。 市場が開始する時間までお待ちください。

■場中にも関わらず損益が表示されない場合は 該当ポジションの枚数設定と実際の建玉枚数が合致しているかご確認ください。
このような事態は、ArbiMasterD3の一部の建玉を誤って手作業で返済してしまった場合などに発生します。
その場合には利益確定幅に達しても自動返済されません。 自動返済をさせるには枚数設定を実際の建玉枚数に合わせると表示されますが、その場合には、サヤトリの正しいバランスになってない恐れがあるので注意しながら動かしてください。

Arbi_D4の判定が表示されたのに新規ポジションを持ちません

Arbi_D4は判定が表示されてなおかつ、Arbi_D4パラメータのトリガー水準の値がArbi_D4ポジション表示欄のトリガー水準で設定した値に達した時です。
トリガー水準の設定値を「0」に設定した場合は判定が表示されるとすぐに新規発注します。

開始ボタンを押した直後に注文確認メッセージが表示されたのですが

場中の新規発注条件を満たしている時に開始ボタンを押すと発注動作が起こり、直後に注文確認メッセージが表示されることがあります。 このような場合は発注のベストタイミングを逃してしまっている可能性があるため、その注文は一旦キャンセルしてください。 (ただし、1回の場中の新規発注動作は1回しか行わないように設定されていますので、上記のような場合はその場中にはもう新規発注はしません)

サヤトリで設定した利益確定目標と異なる金額で利益確定したのですが

サヤトリの発注は成行注文で行うので、スリッページが発生することがあります。 特に値動きが激しい時間に決済した場合は、設定した金額との差が大きくなることがあります。

「売買区分が正しくありません」と表示されて発注ができませんでした

売買ルールを使用する設定にしているにも関わらず判定なしと判断された場合は、売り買いの区分が入力されない状態で新規発注動作が起こるため、このようなエラーメッセージが表示されますが、異常ではありません。

自分の成績がライブ中継や公開されている成績と異なるのですが

内蔵時計や通信環境などによって個々のパソコンに取り込まれるデータに多少の違いが出るため、同じ設定値で稼働してもサイン判定や約定結果が異なることがあります。
また、セッションの途中から起動した場合にも、寄付き前から起動していた場合とサイン判定が異なることがあります。
全く取引がない場合や公開成績と大きくかけ離れている場合は設定等の確認が必要ですが、それ以外はあまり気にされなくても結構です。

「実行時エラー’1004'」と表示されてデータ取り込みができません

イキナリAUTOを開く際は
岡三RSSに接続する → イキナリAUTOを開く
が正しい手順ですが、これを逆に行うとこのエラーが表示される場合があります。 エラーが表示された場合は一旦イキナリAUTOを閉じ、正しい手順で開き直してから岡三RSS関数再設定ボタン開始ボタンや開始ボタンを押してみてください。 それでもエラーが解消されない場合はそのファイルは破棄し、新しいファイルをダウンロードして正しい手順を行ってみてください。

正しいパスワードを入力したのに”パスワードが異なります”と表示されます

MainPanel左上の「発注確認の表示」が”あり”に設定されていませんか? 安全のため、発注確認表示が”あり”の場合は取引パスワードが無効になる仕様です。ご使用の際は開始ボタンを押した後にナシに変更してください。

開始ボタンを押しても前日のチャートが表示されたまま更新されないのですが

マーケットが休みの日に開始ボタンを押しても前取引日のチャートのまま更新されませんが、異常ではありません。

開始を押すとカーソルと「再計算」の文字が点滅するのですが?

動作中は動作間隔で設定した秒数毎にデータを取り込み、エクセルを再計算しているのでカーソルが〇のマークで点滅したりエクセルシートの右下に「再計算」という文字が点滅したりますが、異常ではありません。

1セッションにつき最大1回しか新規発注しないはずなのに、同じセッション内で2回以上の新規発注があったのですが?

1回目の取引終了後にイキナリAUTOを再起動しませんでしたか?
セッションの途中でイキナリAUTOを再起動すると発注カウントがクリアされて再度新規発注することがありますのでご注意ください。