岡三RSS申込とExcelの初期設定

岡三RSSはExcelに価格や板情報などのデータを取り込むためのツールです。
最初に利用申込みと設定が必要になります。

岡三RSS利用申込

先物・オプションの取引を行うには先物・オプション口座の開設が必要ですが、岡三RSSでデータ取り込みをするだけなら証券総合口座さえ開設できていれば利用申込みが可能です。

〔申込み手順〕
・岡三オンライン証券にログイン(証券総合口座)

・投資情報(上部 ツールバー)

・トレーディングツール(左カラム)

・岡三RSS(株式・先物OP取引対応)
※「岡三RSS」と「岡三RSS【追加オプション】・岡三RSS確認画面省略機能」の2種類あるので前者で申し込みします

岡三RSSのインストール

申込みが完了したら岡三RSSをパソコンにインストールします。
岡三RSSのインストールは下記ガイダンスに従って行ってください。
岡三RSS利用方法
デスクトップに岡三RSSのアイコンが表示できたら、アイコンから岡三RSSを起動してください。
起動すると「インストールを開始します」というようなメッセージが出るので、「次へ」などを押して手順を進めてください。

Excelにアドインを追加する

岡三RSSをインストールしただけではまだデータ取り込みはできません。
Excelにデータ取り込みできるようにするためには”アドイン追加”の設定をします。
 
〔アドインの追加〕
岡三RSSをインストールしたら次にEXCELにアドインを追加します。 この作業をしないと岡三RSSに接続できていてもデータの取込みができません。
ここはとても重要ですので手順を動画にまとめました。
        ↓   ↓
(動画:約1分)エクセルのアドインに岡三RSSを追加する方法

※Excel2016でアドインのファイルが見つからない場合
上記動画の再生50秒後に解説している手順で、Excel2016をお使いの場合は参照ファイルの中に「岡三RSS.xla」のファイルが表示されない場合があります。
その場合には右下のファイルの種類を指定する部分を「アドイン」から「すべてのファイル」に変更すると「岡三RSS.xla」のファイルが表示されます。

岡三RSSに接続する

Excelアドインが完了したらご自身のアカウントで岡三RSSに接続してみましょう。
デスクトップのアイコンから岡三RSSを起動し、日本株のIDとログインパスワードを入力してEnterを押します。
※パスワード欄の下の「インサイダー情報に基づく…」に忘れずにチェックを入れてください。
 
接続が成功すると画面の右下に「接続しました」というメッセージが数秒間、表示されます。

「接続しました」のメッセージが消えた後は、岡三RSSに接続していても表面的にはわかりませんので、接続を確認したい場合は下記の方法で確認してください。
■パソコンの右下にある「Λ」のマークをクリックして、岡三RSSのマークが緑色なら接続されています。
■エクセルを起動し、上部のアドインタブを開いて、鎖のマークに×がついていなければ接続されています。
〔岡三RSSの便利な接続設定〕
岡三RSSに接続できたら接続設定を確認しておきましょう。 デスクトップ右下にある「Λ」のマークをクリックし、岡三RSSのマークを右クリックします。
一覧の中から「設定」をクリックします。
下記4つの項目にチェックを入れておくと、パソコンの電源を入れると同時に岡三RSSを自動で起動・ログインすることができます。
また、一度設定した発注の可・不可設定を保存・維持することができるので毎回の確認が不要になります。

Excelのマクロを有効化

ここでExcelのマクロ有効化の設定もしておきましょう。
マクロを有効にする方法はお使いの Excel のバージョンによって異なりますが、Excel2007、2010、2013 の場合は次の通りです
1.Excel を開きます
2.左上の「ファイル」⇒「オプション」⇒「セキュリティーセンター」に進みます
3.「マクロの設定」で「すべてのマクロを有効にする」にチェックを入れ「OK」を押します

よくあるご質問

■岡三RSS接続の手順で、証券会社から通知されたIDとパスワードを入力しているのですが接続できません。

最初のパスワード変更手続きはお済みですか?
証券会社から通知されたパスワードはそのまま使用することはできませんので、一度、証券会社のホームページから
ご自身の口座にログインして、ご自身で指定するパスワードへの変更手続きを行ってください。