テスト注文と実取引の開始

発注環境を確認するためのテスト注文をしてから実取引を開始しましょう

テスト注文

テスト注文は、実際の取引を開始する前に取引パスワードの入力が間違っていないか、発注ができる環境になっているかを確認するためのものです。

《テスト注文の方法》
1.岡三RSSに接続します。
2.イキナリAUTOを開きます。
テスト注文の際は誤発注を防ぐためにすべての売買ルールを「使用しない」に設定しておいてください。
(各ルールシート右上の「使用しない」ボタンを押します。ダウンロード時の初期設定ではすべて「使用しない」に設定されています)
3.MainPanelシートに先物・オプション取引パスワードを入力します。
4.MainPanelシートの「テスト注文」ボタンを押します。
5.注文確認のメッセージが表示されるので「注文」をクリックします。
6.画面上に下記の新規注文受付のメッセージが表示されればテスト成功です
7.テスト後は必ず「テスト注文取消」ボタンを押して注文を取消してください。
テストがうまくいかない場合はこんなメッセージが出ていませんか?

パスワードが異なります

入力した取引パスワードが間違っているので確認してください。
イキナリAUTOで使用するパスワードは先物・オプション口座の取引パスワードです。

発注不可設定になっています

アドインが「発注不可」に設定されていると一切の発注ができません。
アドインの発注可・不可を確認をするには、エクセルの下記の部分を確認してください。

証拠金が不足しています

発注に必要な資金が口座にありません。
口座開設と資金の振込みを参考に、先物・オプション口座に資金の振込みをしてください。
注文はできませんでしたが、証拠金不足のメッセージが出たということは口座情報を正しく照会できているという証拠なので正しいパスワードが入力されています。

実取引の開始

テスト発注が成功したらいよいよ実取引を開始してみましょう。
テスト注文の時に入力した取引パスワードはそのまま保存しておいてください。

1.画面下部のシート名のタブをクリックして使用したい売買ルールのシートを開きます。
2.取引銘柄や枚数、その他設定値を確認します。

3.アクティベートキーの入力が必要なルールはキーを入力し、「使用する」ボタンを押します。
アクティベートキーはサイトにログインした時のページにユーザー区分に合わせて掲載されています。

4.MainPanelで動作を開始します。
①開始ボタンを押します
②動作が「ON」になったことを確認します
③発注確認をナシに設定します

以上で、実取引開始の手順は完了です。
「使用する」に設定したルールでサインが発生すると新規発注が行われます。
上記の手順で稼働しても発注ができていない時は下記をご確認ください。